「飲み会は減らせない」 給料0円になる前にやったこと(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

財布のお金の減りが早いなと思う時、私の場合、自炊を怠けている合図。

忙しいから作れない、疲れてるから作らない…。

作らない言い訳をたくさんして、ご飯を作らず、外食に頼ることも多々あります。

さらに、飲み会が続くと、財布の中は寂しく寂しくなっていきます。

飲み会、外食、やめたらいいじゃないかと聞こえてきそうですが、

私の場合、減らすという結論には達しませんでした。メリットの方がはるかに大きいと思ったからです。

 

 飲み会や外食のメリット

  • 純粋に楽しい
  • 美味しい料理を堪能できる
  • 仕事の深い悩み、相談ができる
  • 仲良くなれる
  • 様々な意見を聞けて、議論できること
  • 家事をする必要がない

    デメリット

  • やっぱり、お金が減る

 お金をなるべく減らさず、飲み会を続けるためにほ、どうしたらいいか。

夫と考えた結果、飲み会は、できるだけ自宅でやることにしました。

夫の料理。決して私ではありません

 

美味しい料理は、ランチで食べることもできます。

家事の負担はありますが、来てくれる人と分担することもできます。

そして、一緒に飲む人のお財布にも優しい。

 

しかし、私よりも家飲みを真剣に考えている人がいました。

夫です。

家での飲み会を意義あるものにするために、買ってきてくれたのが「ホワイトボード」でした。いわゆる会社や学校にあるようなシッカリとしたホワイトボードではありませんが、

自宅の壁に、ホワイトボードのようにマジックでかけるシートを貼りました。剥がすのも簡単です。(夫いわく、千円くらいで買えるらしい。)

飲みに来てくれた人と、とにかく議論できるような空間を作りました。 

自宅の「ホワイトボード」。色んなことを書いて、議論できる最高の道具です

 

このホワイトボード、大活躍。

(すごい効果なので、改めてホワイトボードについてブログ書きます。)

いまやっているビジネスのこと、携わっている業界の構図、やってみたいもののアイデア。。。

私の場合は、大学院でなにを研究するか、どの角度から研究すれば、独自性がでるのか。

友人たちと、ボードに描きながら議論する日々が始まりました。

 

ホワイトボードを家に設置するなんて、私の頭には、発想さえありませんでしたが、外で飲むよりもずっと議論が深まるようになり、貯金もできて一石二鳥。

家も綺麗にしておく必要があるので、いらないものを買ったり、捨てることを忘れたりすることもグッと減ります。

 

そして、家飲みをするときは、いつの間にか友達たちが差し入れを持ってきてくれるようになりました。

私も時々、ご飯を作っています。財布へのダメージも減り、心も満足する上に、いつも少し賢くなっている気がします。

みんないつもありがとう。

関連記事

「洋服にさようなら」 進学して給料ゼロ円になる前にやったこと (1)

休職して進学 給料がゼロ円になる前に考えたこと

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA