初年度は330万円前後? 県外の大学院進学に必要な費用について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログを始めてから、社会人として働きながら県外の大学や大学院への進学を考えている方から相談を受けることが何度かありました。
中でも必ず聞かれるのが進学に必要な費用です。

学校が現在の職場から近かったり、自宅から通えたりする方は良しとして、
学びたい内容が遠方の学校にしかない場合、引っ越しを伴います。
正直、お金は受験に踏み切る前に最初に越える必要があるなかなか高いハードルです。

しかも、参考になるサイトや本がほとんどないのが実情です。
生々しいですが、私がざっくり見積もったお金を公開したいと思います。

細かく家計簿をつけるタイプではなく、いつも頭の中でざっくりと計算しているので、雑なんですが、
少しでも参考になると幸いです。

時々、カップラーメンにも頼ります


(1)学費

進学先は私立も含めて考えましたが、予想以上に高額で手が出ませんでした。
選んだ公立大学は、私立に比べれば、だいぶ格安です。
最初に考えていた私立の3分の1ほどで済みました。
受験料  30,000円
入学金  282,000円
授業料  年間520,800円
なので、
1年目は832,800円
2年目は520,800円


(2)家賃、光熱費

一番、個人差が出る支出ではないでしょうか。
働いていると、その給料に見合った家に住むことが多く、生活のレベルが自然と上がっていきます。
進学にあたってそのレベルを維持するかどうかは本人の判断次第だと思いますが、学生は学生なりのお金の使い方があります。

私の場合、初めから大学時代の家賃に合わせるつもりでした。

(しかし、当時は1万9千円とかいうとんでも物件に住んでいたので、そこまではできないとは思いましたが)

住む所にそんなにこだわりもなく、勉強できて眠れればそれで十分でした。
ワンルーム、ユニットバス、一口コンロでオッケーで、こだわりの条件は特になく、強いて言えば、駅から歩ける距離であること、大学に通いやすいこと。

夫の協力も得て、ネットで探しました。

入学式に合わせて上京した日、初めて住む家に行くとセキュリティーもしっかりしていて、意外と良い物件でした。
そもそも、大学が東京郊外にあるので、家賃相場は低めなのもありますが、
今住んでいるところの家賃は、43,000円です。
光熱費入れると53,000円ほど。
年間53,000×12=919,000円を見積もっています。

コインランドリー


(3)家具、家電

出来るだけ初期投資を抑えたかったのと、今後引っ越す時の手間を考えて、最低限の物しか買っていません。
冷蔵庫はマンションに備え付けのものを使っていて、洗濯機はそもそも置けないマンションだったので、毎週コインランドリーに通ってます。
買ったものは、電子レンジと電気ケトル、掃除機だけ。家具は、約5,000円の勉強机と約10,000円のベッド、約1,000円のカラーボックス、あとは布団。

これで35,000円ほどでした。多分。

炊飯器は買っていません。

レンジで炊ける容器が100均で売っているので、それを使っています。

20分あれば炊けます。美味しいです。


(4)食費

こちらも、学生の頃の使い方を心がけていて、一人で自宅で食べるようにしています。

時間がもったいないので、作ったりすることはほとんどないですが、お米は炊きます。

沖縄に帰れば自炊してますが、一人だし、近くにスーパーもありません。
おかずは、缶詰とか、コンビニとか、レトルトカレーとか。

魚の缶詰、一通り食べ終わって飽きてしまったので、カレーに移行中です。
1日500円くらいです。500円もいかない時もあるので、参考まで。
ざっくり1カ月に15,000円。年間180,000円。

 

(5)生活費

シャンプーやリンスなどの生活用品全般は、Amazonパントリーで頼んでいます。

2カ月に1回、5千円ほどです。一人なのでそんなにかかりません。年間30,000円。

化粧品に関しては、半年に1回買い換えるくらいなので、わざわざ計上していませんが、化粧水なども買わないので、年間1万円くらい。
携帯代は毎月6千円ほどなので、年間72.000円。

全体でざっくり120,000円ほどでしょうか。

 

amazonパントリー

(6)交際費、外食費

学生だけで飲みに行ったり、ご飯に行くことなんて、ほとんどありません。あっても学食でランチレベルでそんなにかかりはしません。

でも、友達や知り合いが社会人なので、社会人に合わせた交際費を一応考えています。

私の場合、打ち合わせや勉強会も多いので、ここは多めに確保しています。上京しないと会えなかった人たちとつながったり、食事をすることは、私の人生においてとてもとても大事なことです。

都心に出るまでの電車代も千円近くかかるので、月に30,000~50,000円はみています。もちろん、そんなにかからない月もあります。

(7)書籍代

ハードカバーの学術書がウエイト占めてます。Amazonでみたところ、波はありますが月に15,000円ほど。年間180,000円。

 

(8)交通費

大学まではバスで通っています。往復で約500円ですが、休日も夏休みも冬休みもあるので、年間150,000ほどの見積もり。

帰省代は、今まで貯めてきたマイレージでまかなっています。沖縄の観光トップシーズンを外せば使えるので、特に計上していません。

 

(9)税金、保険代

前年度の収入に対して所得税などがかかってくるので、多めに見積もっていたほうがいいです。私はすっかり忘れていたので、あたふたしました。保険代も含めてまだ自分でも正確に把握していないのですが、支払っている感じ300,000~400,000円は確保していたほうが安心できると思います。

 

(10)その他

寒くて購入したヒートテックやカイロ、トレーナーなど、進学に必要な費用と私が考えていない雑費についてもたくさんありますし、冠婚葬祭などで突然必要になる場合もありますので、ここも税金や保険代同様、多めに確保しておくことが大事だと思います。

 

初めてこんなに細かく書いてみましたが、頭の中で計算していた額とあまり変わらなさそう。ざっくり年間3,300,000円ほどです。

 

ご参考ください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA